「選手として」と「人として」


⇧(ボートの町、戸田公園駅前にあるオールのオブジェ)

 

 

アスリート、選手、呼び方はどっちでもいいけど

 

そんな人にとって

 

 

とか

 

無理

 

 

って言葉を口に出すのには抵抗がある。

 

 

「できないことをできるようにするのが仕事」

 

みたいなもんだから

 

「できない」とか「無理」って言葉は

 

 

あんまり使いたくない。

 

 

でも、普通の人間関係において

 

仕事でも友人関係でも

 

できないことはできないって言った方が

 

相手の為になるんだよなあと思う。

 

 

無理するのが選手の仕事かもしれないけど

 

無理しちゃいけないのが人間の仕事。

 

 

選手と人間をうまく使い分けれるようになりたいものだ。

 

 

弱音を吐いてはいけないのが選手で

 

弱音を吐きたくなるのが人間

 

 

ポテチ食べちゃいけないのが選手で

 

ポテチ(特にピザポテト)食べたくなるのが人間

 

 

選手である前に人間で

 

でも、選手としての自分を応援してくれる人がたくさんいる

 

選手としての自分が輝いて

中野紘志としても輝ける

 

そんな風になりたいなあ。

 

 

文武両道。

 

公私混同ならぬ、公私両道。

 

 

ちゃんとした人間になりたい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です