コーチ(体の使い方、腰編)

ボートという競技は、小さな動きの反復運動です。

だからこそ、本質を見失ってしまえば、いくらでも脱線できる競技だと思っています。

逆に言えば、本質さえ見失わなければ、それなりの技術が身につく競技だと思っています。

学生に教えているのは、

まず、体の本質的な部分。

腰を振って、力が出るということ。

体の要と書いて腰、そこをいかに使うかが、

体の動かし方として、最も大事なんじゃないかと思って、

そう教えています。

スクワットにしろ、ジャンプにしろ、

野球、ゴルフ、大体のスポーツは、

腰を折って開くを繰り返したり、腰を回転させたり、

腰の動きが起点となって、膝や、肩甲骨、肘、

最後に手足につながっていく。

そう思っています。

ボートは特に座ってするスポーツなので、

かなり腰を振ります。

スイープなら折るし捻るし、開くし

沢山の可動域が必要とされます。

 

ボートの場合で言うと、

いわゆるセットの姿勢が、腰回りの筋肉が固くてできない選手の場合、

かなり上達が遅くなるでしょう。

腰が寝たままエントリーした場合、かなりの確率で腕肩に、負荷がきて、

お腹に負荷をかけることができません。

抜けた漕ぎにつながります。

肩で漕いでしまう選手の多くは腰がゴロンと寝た状態で

エントリーに向かっています。

腰を寝かせると力が出ないだけではありません。

バランスを取るためにも必要です。

例えばバランスボールの上に立ったとき、地震が起きたときなど、バランスを取らなければならないときに、自然に腰を立てるように、

腰はバランスを取るためにも立てなければなりません。

漕いでいてバランスが取れない選手の多くは

腰を寝かせたまま、エントリーに向かっています。

バランスを取れない状態でいる時間が長ければ長いほど、

バランスは取れないので、

特にブレードが水の中にない、空中に浮いていて船が不安定な場面では、

なるべく腰が寝ている時間をなくさねばなりません。

それがバランスを取る、すらないで漕ぐためのコツだと思っています。

 


多くのスポーツが、むしろおそらく全てのスポーツが

腰を立てて力を発揮しているのと同様、

ボートの場合も、できるだけ腰を立てて漕いだ方が

肩の力を使わずに、お腹や背筋、一番大きな筋肉を使って

そして安定的に漕ぐことができます。

 

テニスにしろ、ゴルフにしろ、野球も、道具を使う全ての選手は、

いろんな打ち方、振り方をしていて、何が正しいのか全くわかりませんが、

腰を寝かして打っている人はゼロでしょう。

「腰が引けている」と言う日本の表現が、悪い意味であるように、

力を出すときに腰を寝かせてはいけません。

 

力を出す、安定する、と言う意味以外においても、

「集中する」ためには、腰を立てる必要があります。

数年間の短い期間でしたが勤めていた会社のトップの方々、

オリンピックを通じてお会いできたトップアスリートの方々など、

多くの方が立ち姿は、綺麗です。猫背であることは稀です。

人前に立つことが多いから矯正されたのか、

そもそもそういう「集中しやすい」体だったから、伸びたのか、わかりませんが、

綺麗に立っている方がほとんどです。綺麗に立てる人は、綺麗に座れる可能性が高いですので、きっと集中して仕事や練習ができるのではないかと思います。

 

だから学生には、腰回りのストレッチを薦めています。

ボートをうまくなるためにも、

これから始まる社会人生活をより実りあるものにするためにも、

日々の生活や練習、受験勉強などで凝り固まった股関節を緩めてほしい。そう思っています。

 

・腰を立てる

・腰を寝かさない

・腰をふる

 

疲れていても、腰がゴロンとならないような、

筋肉や意識で体を支えるのではなく、骨格そのもので体を支えられるような、

その結果、無駄な力が抜け、本質的な力のみが出力されるような

そんな柔軟性を得てほしいなと思っています。

学生の、より良い漕ぎとより良い未来のために、

よりよい指導を探します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です