腕漕ぎを制するものは、ローイングを制す?

2009年に、U23世界選手権に出場した時、

初めて日本人ではない、外国の人が漕いでいるのを見た。

なぜ彼らは速いのか、どこが上手いから速いのか、

当時は何を見ればいいのかも全くわからなかったけど、

そんな時でさえ、衝撃的だったのは、

腕漕ぎの上手さだった。

今も思う。

腕漕ぎがめちゃくちゃうまい。

2009年から、10年近く、海外のローイングを見たけれど、

毎回思った。

めちゃくちゃ上手い、と言うか、

彼らの腕漕ぎは別競技、

別のものを追い求めている。

 

日本の腕漕ぎは、

腕漕ぎという短い中で、

いかに進めるか。

足で押すか、

最後の最後まで押しきれるか。

そこを意識して、

そこを求めて練習している。

腕漕ぎをしている。

 

だけど、彼らは違う。

別に腕漕ぎで船を進めようとか、そんなことを思って漕いでない。

タイミングよく入れて、タイミングよく抜く。

綺麗に入れて綺麗に抜く。

グリップの動きがしっかり回るように、

グレードの動きが滑らかになるように、

そんなことを気にしながら漕いでいる。ように思う。

擬音語でいうなら、

日本は「ギュン、ギュン、ドン、ドン」

世界のうまい国は「ポン、ポン、トン、トン」

といったところだろうか。

おそらく、それらが原因で、

彼らはリリースの時にそんなに音がならない。

上手な国ほど、静かだ。

リリースがうまくいってない国ほど、ガコンガコンうるさいことが多い。

 

残念ながら毎年の世界選手権のビデオなど、レースビデオでは、腕漕ぎのシーンがほとんど映らないが、

岸けりしたすぐ、本メニューに入る前など、必ず後ろまわりの練習をするので、

そうした機会、特に東京オリンピックを観戦予定の方はぜひ、そういったメインではない端っこのシーンを見てみてほしいと思う。

 


大学の時、先輩が

「二流の常識は、一流の非常識」

と言っていて、それをこの前思い出し、

常識を常に疑わねばならないなと思っている。

あまりにも何も信じなかった故に、遠回りしたこともとても多いが、

今の学生が、追い求めた先に、必ず良いゴールがあるように、

Coachの語源は「連れていく」だったと思うが、

ちゃんと、「ゴールに」連れて行けるように、

とりあえずは、そうした腕漕ぎから

伝われば良いなあと思いながら、

あれやこれや、しゃべっているここ最近です。

 

また、現役最後の方で、やっとわかったのは、

腕漕ぎは、オールを抜く練習だけではなく、

むしろオールを入れる練習だということ。

腕漕ぎを、力強く漕ぐ練習だと考えてしまうと、

どうしてもブレードが逆三角形のような動きになりますが、

腕漕ぎの中で、限界まで戻らず入るようになれば、真四角になり、

フルレンジのエントリーでも逆三角形、蹴り戻るということはほぼなくなります。

 

他にも、腕漕ぎがうまくなれば、

船から離れにくくなります。

船から離れなくなれば、フォワードが楽になるので、

1秒漕いで1秒休むレート30のリズムであれば、

6分レースが3分になります。

船から離れる原因は他にもありますが、

船から離れる漕ぎは、ハイレート6分=6分がんばる

という漕ぎになるので、どうしても疲れやすく、

2000m持ちません。結果レンジを短くして体力を温存しようとします。

強い腕漕ぎから、滑らかな腕漕ぎへ。

結果的に強くなってればそれでよく、

強さからではなく滑らかさから求めた方が、

よりゴールにたどり着きやすいと思っています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です