未来の自分が決めること


 

選手の誰もが思う。

強くなりたい。

もっと勝ちたい。

そう思うからこそ、

もっと合理的、効率的な練習を求め、

どんどんどんどん無駄を削っていく。

無駄をゼロにすることが一流になるためのすべてだと信じて。

五輪だとか、全日本だとか、最後の試合だとか、

人の期待、舞台が大きくなればなるほど、私もそう思ってしまう。

そう思う時期が長くなってしまう。

 

結果どうなったか。

ただただイライラする時間が増えただけだった。

何か「無駄な」雑用を頼まれた時とか、

何か「無駄な」時間を作らざるを得なくなった時、

自分が「無駄」と判断したものが視界に映るたびに、

それが自分の今日に組み込まれるたびに、

イライラした。

イライラして、

そのイライラで人間関係を壊したり、

その壊れた人間関係が自分の邪魔をしてきたり、

「無駄」を排除したことによって

より大きく進化した無駄に、

またイライラした。

だからもう、思ったのだ。

生きていく中で、絶対に無駄は無くならない。

目の前の、よくわからないことを楽しむしかない。

結局、今の自分が無駄だと感じている時間は、

一流の選手にとって超大事な時間なのかもしれないのだから。

自分の理解を超えた考え方をしない限り、

今の自分を超えることはないから。

今を楽しむ。それは、今の自分が今を評価しないこと。

 

どんな時間が、意味のある時間かは、

今の自分が決めることではなく、

より大きくなった未来の自分が決めること。

今の自分にはわかりっこないから、

今できるのは今この時間を楽しんでいくことだけ。

コロナで何も練習できなくなった今を

一流の選手は、どう捉えているのだろうか。

未来のことは誰にも何もわからない、

だからこそ、大事に大事に、どんな時期も楽しんでいこう。

#五輪 #ボート #家族

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です