目標設定について

目標設定は必要なんだろうか。と思う。

 

巷ではよくそういう目標設定の重要性とか、
モチベーションの維持、向上のためには目標設定が必要不可欠、

いい目標設定とは、達成する可能性が50、達成しない可能性が50の目標だ、

 

というけれど、

そもそも、何に対する目標設定をすべきなのか書いてないし、
そっちの方が大事だろうと思う。

 

 

みんな「インカレ優勝」が目標だというけれど、
いやいやインカレ優勝は現実味がないから「決勝進出」だと言うけれど、

そもそもなぜ、インカレを目標にするのか。
そもそもなぜ、その目標を達成したいのか、達成失敗したくないのか。

高校や大学だったら、毎年毎年、部員が変わる。
誰かが卒業し、誰かが入学する。

みんな違う人だし、もともとボートに有利な人間もいれば、
もともと不利な体格な選手もいる。

毎年違う選手で構成されるチームなのに、
なぜ毎年同じ目標設定を掲げないといけないのか。

 

目標は「今をより強く生きる」ためにあると思う。

つまり集中力だ。集中力を高めるために目標があるだけ。
集中力が、ボートを漕ぐ上でも、強くなる上でも、
より良い選手、より良い人間になる上でも、必要なのだと最近思っている。

 

今に集中できるか。
今に没頭しているか。
目の前の人を大事にできるか。
今やっていることに全神経集中しているか。

 

今日1日をちゃんと生きる。
この時間、今やっていることに集中する。

 

その一瞬一瞬を積み重ねることができた選手こそが、
「充実した選手生命だった」と言えるのではないかと思う。

人生の充実度は、成功したか、失敗したかではなく、
「集中できたか」どうかのように思う。

目標を達成できたかどうか、じゃない。「濃かったか」どうかだ。

 

時間を忘れて、我を忘れて、
目の前のことに没頭できるか。

あと何キロ漕がなきゃいけないとか
引退まであと何日もあるとか

ボート選手にとって、練習は常に過酷だから
未来への想像は絶対に暗い。だからしないほうがいい。

ある程度、こんな人間になりたいと決めて、
それが今を強く生きるために十分な動機になるのであれば、
それ以上詳細な目標設定はいらないと思う。

未来は想像した以上に騒がしいし、
未来を当てられる人は残念ながらいない。

いるのは、今していることをちゃんとやっている人といない人。

 

一瞬一瞬を真剣に生きて、
それが部全体に広まって、みんな今志向になれば
いつか掲げていた「目標」とやらが叶うんではないかと思っている。

そして叶わなくても、充実してたんだからそれでいいんじゃないかと思う。

 

いい目標がいい未来を約束するんじゃない。
いい今がいい未来を約束する。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • Yaji
    • 2016年 12月 16日

    中野紘志さん

    はじめまして。いつも中野さんの文章を楽しみにしております。

    私にとって、人生の過程、職業、その他(ボート、オリンピック、一橋)全く異なりますが、中野さんの言葉がとても頭の中の風通りを良くしてくれます。

    目の前のささいなこと、毎日の自分の気持ち、一番分かるはずのことが分からず、こんがらがってヘンテコに考えてしまいます。

    しかし、中野さんの言葉は元気が出ます。そして自分の向く方向を毎回見直すきっかけとなっております。
    ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。