ワクワク

↑(写真は金メダルの金をイメージ)


「世界一の人間」というのはどういう人間なのだろう。

ボート競技に限って言えば、24時間ボートのことを考え続けた人間、漕ぎまくった人間なのだろうか。
スタートの合図が鳴ってから、

世界一早く2000m先のゴールラインを切る、

ただそれだけのシンプルな課題のために、

世界中のRowerが今ももがき苦しんでいる。

その中で世界一になる人は、どんな人なのだろうか。


12月、約二週間のJAPANの合宿が終わりました。

Head of Araという荒川での川下り、約5kmレースの上位者がこの合宿に参加し、より強くなるために同じ時を過ごしました。

 


日本のボート界が変われば、そして結果を残せば、

より多くのボート関係者がより楽しく胸を張ってボートを漕ぐことができる。

日本のボート界が変われば、そして結果を残せば、

他のまだ振るわない競技に、大きなエネルギーや勇気を伝えることができるかもしれない。

既に有望な競技にも、さらなる希望を送れるかもしれない。

日本のボート競技には、未来がある。可能性がある。大きな影響力がある。

その可能性を生かすも殺すも、今、今日という日を、自分自身が精一杯生きるかどうかに

かかっている。そんなことを信じて、また今日という日を過ごします。

平凡な毎日の、ちょっと平凡でない時間の積み重ねが、非凡な結果を生むことを信じて。


素直に、目標に向かって何かをすることが楽しい。

オリンピックという、世界一という、そんな目標をくれた皆様に感謝します。

できるか、できないか。そんな未来予想も大事だけれど、

今、自分がワクワクしてて、そのワクワクで今日一日が楽しいこと。

そんな毎日が、来年も続くことに、感謝しながら、楽しみながら、

生きていこうと思います。

2019年、有難うございました。

2020年、次の夏が皆様にとってサイッコーにワクワクする夏になるように、

頑張りたいと思います。

今後とも応援宜しくお願い致します。

ーーーーーーーーーーー

今後の予定

3月末 日本代表決定レース

4月末 五輪アジア枠獲得決定レース

7月末 五輪世界一決定レース

ーーーーーーーーーーー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です