予選1位、決勝5位。そして得たもの。

スロベニア選手権、

予選を1位で通過したものの、決勝は5位に敗れました。

結果5位に終わりました。

 

漕いでいる感じとしては悪くなく、ただただ呼吸が辛くて、

体力さえ普通にあればもう少し勝負になったレースだったので、

本当に体力の必要性を今更ながらに感じました。今更。


体力の上げ方を、4回五輪メダル獲った方に聞くと、

「ヴォリューム。いっぱい漕ぐしかないよ。

ヒロシはテクニック的にもう十分だから、

あとは量。28km、35km、午後休みの日は一回50km漕いだかな、

今は無理でも徐々に伸ばしていって、一杯漕ぐ。

10年前、20年前は20kmぐらいで良かったけど、

今はニュージランドは夏でさえ週最低240km漕いでる、

冬だったら300kmぐらい漕いでるんじゃないか?

ニュージーの選手は病気になった時、片道60km自転車漕いで病院に行ったらしい。」

みたいな(それは病気じゃないよね?)話を聞き、

秋冬のビジョンが見えてきたように思います。

大学の時、大学の同期が週に242km漕いですげーなと思ってたけど、

NZはそれを毎週やっていたとは。ある意味、同期は先進的だったのかもしれない。


また別のコーチ(オリンピックに3回出場)に、

「現役の時、どんな時に強くなった、これは勝てる、逆に強くなってないこれでは難しい、みたいな判断をしていた?」

と聞くと、

「ヒロシ、これは俺の意見だが、一番大事なのは過去の自分より今の自分に自信があるかどうかだ。

レースは誰だってきつい。

でもそこで乗り越えられるかどうか、乗り越えた結果勝つことができる奴は、自分に自信がある奴だけだ。

練習は、自分に自信をつけるためにする。

1月より、2月の自分に自信があって、3月の方がもっと自信がある、

そうなるために練習するんだ。それも毎日だ。

昨日より今日、今日より明日、自分に自信を持てるように練習するんだ。

どんなテストも、どんな練習も、胸を張ってレースを迎えるためにするものだ」

という話も伺い、すごく身に沁みました。


 

「他者に勝つ」、それを目標とすることによって

めちゃくちゃ頑張れる時もあれば、逆に「これぐらいで勝てる」と抑えてしまう時もあり、

「昨日の自分より、自分は自分に対して自信を持てているか。」という問いは、

ある意味、数字に出ない分、甘い基準かもしれませんが、

自分に対して非常に厳しい人間であれば、

これ以上のない努力を求める質問のように思います。


2年連続でスロベニアにお世話になり、

だいぶいろんな方と話すことができるようになり、

ああ、あのカップルは別れちゃったのか、とか、あの男子中学生すげー背が伸びたなとか、

意味があるかわからない時の変化も感じました。

去年は去年で素晴らしかったけど、

今年はもっと素晴らしかった。

ありがとうございました。

我慢とか、繰り返しとか、単調とか、そういうものに取り柄がある中野は

素直にどこかで狂ったように漕いでいると思うので、

見かけたらぜひ選手の方は一緒に漕ぎましょう。

この秋と冬で、生まれ変わりましょう。

日本はまだ、始まったばかり。

 

1 個のコメント

  • そうですね、やはり漕がないとだめですね!
    この前瀬田に来たNZジュニア代表の話でも毎週結構な距離漕いでいましたよ、かつ 皆んなで楽しみながら、話し合いながら 漕ぐようにしているとの事でしたね 絶えず世界トップとの差を自分達と比較して 練習を決めていて 複数のコーチが納得するまで話合いをしていました ところは関心しましたね、 サポート体制が充実していました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です