書かせておくれ

スポーツっていうのは残酷で

 

誰かが勝つと誰かが負けるようにできている。

 

先日、オリンピックの内定を頂いて、

自分的にものすごい多くの方から祝福と激励の言葉を頂いた。すごく嬉しい。

 

でも、同時に、

 

たくさんの人間の夢をぶっ潰したんだよなあとも思う。

 

スポーツっていうのは残酷で

勝つか負けるかしかない。

ちょっと勝った!とか

ちょっと負けた!もなく、

0.01秒差でほとんど同着だったとしても

勝ち負けになる。

誰かが選ばれれば誰かが落ちる。

ひでー話や。

 

 

競技者として、特に社会人の競技者がやるべきことは2つあると思っています。

 

一番になってすごいって言われること。

一番にならなくてもすごいって言われること。

 

経済学?的に言うと

 

パイの独占と

パイの拡大

みたいな表現になるのかな。

 

 

 

「ボート漕いでんの?すげー!!」

って世界、良くないですか?

そんな感じ。

 

image

(↑陸路スイスに到着しました)

 

 

オリンピック出場が決まってすごいって言われるのは

「オリンピック」がすごいから。

みんなが価値を認めているオリンピックに出るなんてすごい、そういう意味なんだろうと思う。

でも残念ながらボートの事は誰も知らない 。

 

2016年において、全日本で1位とオリンピック出場はほとんど同義なんだけど

現状のボート競技において「全日本1位」ってあんまり伝わらない。それってすごいの?ってなる。2位とか3位とかだったら特に。

 

それが悲しい。

 

その差が、ボート競技と世間様との差なんだと思う。

 

オリンピックに出てもすごいし

出なくてもすごい

 

そしたら競技者みんな幸せじゃんね。

 

プロ野球選手はそんな感じな気がする。

プロ野球選手であること自体が、すごい気がする。

 

プロ野球までは遥か彼方だけど

一歩や二歩、自分の力で

 

「ボート選手?すげー!」

って声が1デシベルぐらい増えるように

 

がんばりたい。

 

だから毎日ブログを書くのである。

結局これが言いたかった。

(皆様のFacebook画面荒らしてすみません)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。