空を見上げて

猿岩石の「白い雲のように」が流行っていた中学校時代、
曲名のように雲を見ていた。

 

ずっと止まっているかのように見える雲たちも

 

いつの間にか、

 

目を離した隙に遠い所へ移動していて
一つだった雲もいつの間にか二つになり

 

いつの間にか一つにくっついた雲もあり

 

どれもこれも目を離した隙に変わっていく。

 

image
ずっと見てても多分変わってるんだけど、

 

ずっと見ていたら気付かないぐらいの

些細だけども大きな変化

 

 

人も雲もみたいに
ちょっとずつちょっとずつ動いて

 

時には誰かと離れ

時には誰かとくっつき

 

大きくなったり
小さくなったりして

 

いつの間にか大きく形を変えて移動してるんだろうな。

image
何かの小説に

数学のX軸みたいに
誰かと交差したり離れたり
放物線か直線か曲線か

知らないけれど
自分との接点、交点の中で

 

 

X=寿命になるまで
誰かと交わりながら離れながら
進んでいくんだろう。

 
みたいなことが書いてあった。
今日のフランスは満月で
日本も満月なのか?

 

 

ずっと変わらない月と
変わり続ける雲

 

そんなことを思いながら帰ったような
中学時代の記憶。

 

image

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です