「あれ」から一年。

オリンピックが終わって1年経ち、

「あれから1年かあ」と思う。

人には誰もがそういった「あれ」がある。

入学、卒業、就職、結婚、いろいろ、、、。

「あれから何年」

そうした、「あれ」という名の転機たちが

たくさんある人生がいい。

思い出せる過去が、「あれ」が、いっぱいあった方がいい。

[s_ad]

本日ご紹介いたしますのはaikoの「花火」という一曲。

完全に恋愛ソングで、

完全に恋愛ソングじゃないか、

と思って油断していたところに、

ガツン!!!と強烈な一節がくる曲です。

この一節が本当に心に響き、

考え方を改めさせてくれる素晴らしき曲。

 

サビ直前の「疲れているんなら辞めればいい」

という意味の歌詞。(ぜひご視聴ください。)


基本的に人間は、疲れているとイライラする。

「なんで俺がこんなことやんねーといけねーんだ」

とか

「早くしろ!」だとか。

いらいらする、「怒り」という感情は、

そもそも「自分が正しい」「自分は間違っていない」「自分は偉い」という

傲慢な正義感からくるもので、

疲れている時イライラしてしまう自分は

「疲れている自分は偉い」だの「正しい」だの傲慢に思っていることでしょう。

「頑張ってる俺、えっへん」みたいな。

頑張ることは尊いし、

正しいし、偉いことだとは思うけれど、

もともと誰かに求められたことでもなく、自分で勝手に始めて、やっているだけのこと。

 

頑張らざるを得ない状況に、

自分から選んで入って、その中で、「自分偉いだろ」とイライラするのは

頭おかしい。

人生は、自由だ。

どんな選択をするのも自分の自由。

「偉さ」とか「正しさ」のために、始めたことじゃなく、

やりたくて始めたこと。

誰かに、何かに、イライラするたび、

そしてこの曲を聴くたびに、思う。

疲れているんなら辞めればいい。

でも、辞めれない、辞めたくない理由。

それってなんだっけ、

大切なことを思い出させるきっかけにしてくれる名曲。

(この曲をこういう聴き方している人はおそらく皆無だろうけど笑)

aiko 花火

[s_ad][s_ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です