何を食べたらいいか。

「どのような食事をとったほうがいいか」




たくさんのサプリメント、理論、栄養学があるけれど、

どの栄養素をどれだけ食べるか、というのは、目的じゃない。

食事は「元気」のために食べている行為。

「元気」の「元」にあるように、

気を元に戻す、

「疲れちゃったけど、これ食べて明日も頑張ろう」

というのが食事の原点だと思う。

だから、どんなに栄養取っても、

栄養価の高い食品でも、ドリンクでも、

元気にならなかったら意味がない。

だからこそ、

作ってくれた人の顔が見える食事や

できたての食事がいい食事なんだと思う。

 

一緒に、ご飯食べる人がいて、

笑いあって、楽しくご飯食って、それで

「明日も頑張ろう」と思えればそれもいい食事。

食事は栄養素だけじゃない。

 

「タンパク質をこれだけ摂った」

それも大事かもしれないけれど、

「元気になった」、それが一番大事。

 

自分自身が、何を食べたら元気になるか。

基礎としての栄養学は学ぶべきだけど、

自分自身の食事学は経験でしか学べないから。

さあ、今日は何を食べて元気になろうか。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。