今シーズンの代表選考の辞退について。

今回の2017年シーズンにおける日本代表選考を辞退しました。

 

理由はいろいろありますが、その一つに、

資金的に難しいというのがあります。

 

2017年1月から10月の世界選手権まで、

日本代表として活動すると、10ヶ月間で

国内での合宿が計96日、

海外での合宿が計87日、

予定されています。

 

 

ボート競技の場合、お金のない競技ですので、

日本代表になった場合

国内合宿の場合は一日3000円、

海外合宿の場合は一日5000円、

ボート協会に支払わなければなりません。

 

2017年をフルに参加した場合、

3,000円x96+5,000円x87=72万3000円

約70万円の出費となります。

計183日の合宿は年300日合宿のフェンシング競技よりも少ない合宿日数ですが、

それでも、きついな、というのが本音です。

 


現在、茨城県のスポーツ専門員として給料を頂いており、

日常的な生活や通常の練習においては全く支障がなく

(漕ぐ事で給料を頂けている時点で大変有難く感謝しかありません。)

 

頂いた給料の中でぎりぎり活動ができている状況ですが、

他の選手とは違い、

企業の社員でない以上(所属団体の『新日鉄住金』はボート部員であり社員ではありません)、

代表に選ばれた場合の

+70万円近くは全て貯金の切り崩しとなります。

 

それでも、「代表に入って70万円以上の実力をつければいいじゃないか」、

と思いましたが、

どうしても「勝てば赤字」「負ければゼロ」

という中では、少なくとも選考レースに出場する動機は生まれませんでした。

代表の外で頑張ろう、国体に専念しようと思いました。

 


親や家族、その他応援してくださる人に必死にお願いすれば、

もしかすると工面できたお金かもしれませんが、

そこまで人に迷惑をかけてまで、する事なのか。

という想いを悶々と抱えながら、そして

 

「まあ、会社辞めた俺が悪いんだけどな」

 

とか思いながら、過ごして参りました。

 

それでも妻が「夢を追いかけることは素晴らしいこと」

と常々言ってくれることが何よりの助けで、

今、やっとですが、その言葉を信じてみようと思っています。


追いかけること、

そのことに金銭的リターンはきっとできませんが、

きっと「自分勝手な夢ではない」ことを信じて、

きっと誰かのためになってると信じて、

中野に投資してくれる人を探します。

どれくらいで、どうなれるのか、今は全くわかりませんが、

このどうにもならない期間を、選択肢のない期間を、抜け出せたらなと

思っています。

 

またこの件については、後日投稿します。

長文お読み頂きありがとうございました。(シェア頂けると助かります笑)

 

[s_ad] [s_ad]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です