やり過ぎる勇気。〜劇的に強くなるために〜

 

 

「上がる」ために必要なことは「やり過ぎ」を知ることだと思う。


 

ワインに詳しくなりたかったら、100万円で3本買え

ばいいらしい。

60万ぐらいするもの

30万ぐらいするもの

10万ぐらいするもの

それを飲んで、味の違いを知れば、

数千円でも似たような美味しさのワインを見つけられる。

千円のワイン、1万円のワインを何本も買って比べるより、

はるかに良いソムリエになれるという。


「そこまでやる?」

という行為が必要なのだ。

「そこまでやる」からその道のトップになれるのであって、

「これぐらい」が何かを制することはない。

「適度の延長に革新はない」ということ。

「やり過ぎ」が、本当の「丁度いい」を教えてくれる。

「普通が一番だ」ということを「普通」は教えてくれない。


やり過ぎる勇気。

今やっていること、で「そこまではやらない」ことをやってみよう。

それが新しい「丁度いい」を教えてくれる。

本当に精通したいか、強くなりたいか、

その気持ちが強いのであれば、「そこまでは誰もしない」という常識の中にヒントがあると思っている。「誰もしない」から「あなたがする」のかも知れない。


若さ」というのは年齢ではなくて、

時々「やり過ぎる」ことができることであって、

「丁度いい」「これぐらい」で固められた毎日は老いなように感じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。