サプリメントより必要なもの

スポーツ選手、アスリートといえばプロテインというような印象でしょうか。

プロテインはじめ、様々なサプリメントが、栄養補助食品としてたくさん売られています。

 

サプリメントは大事だよ!とか

サプリメントよりも食事が大事だよ!とか

 

そういうことではなく

 

「誰と食べるかの方が大事」

 

なんじゃないかという話をしようと思います。

 

 

 

去年の10月に会社を辞めて無職になりました。

 

給料日が無くなることは当たり前に覚悟していたんだけど、

 

一緒にごはん食べる人がいなくなって参りました。非常に寂しい。

 

有職時代、

 

昼ご飯は会社の人と

 

夜ごはんは会社のボート部の人と食べるという生活がなくなり

 

「1人の時間を増やしたい」とか贅沢言ってた時代から

 

「1人の時間をなるべく無くしたい」と言う時代へと変化しました。

 

 

別に朝起きても起きなくても誰も困らず、

 

食事を食べようが食べまいが誰にも気づかれない生活。

 

ご飯を食べるのが早くなったのも会社を辞めてから。

 

話す相手がいないから、1人で食事っていう寂しい時間が一刻でも早く終わりたい、そんな気持ちだったのかもしれない。

 

自分がチェーン店じゃなく、店の人と話せそうな店に行くようになったのもこの時から。

 

 

どんな練習も、強くならなければ意味がないように、

どんな食事も、元気にならなければ意味がないように思う。

 

どんなに栄養価の高い食事を取っても

たぶん寂しかったら、元気にならないし、吸収しないんじゃね?って思う。

 

本当の栄養、元気ってのは、笑うことだと思う。

 

そして笑うことっていうのは、誰かがいないとできない。

 

笑わせることも笑わされることも、

 

誰かがいないとできない。

 

さすがのグーグル先生にもできない。

 

どんなサプリメントにもできないこと。

 

 

会社もチームも雰囲気が一番大事っていうのは

結局元気ない人が頑張れないよねって話だと思う。

 

 

本気で笑いあえる。

 

 

そんな人たちと一緒にいることが

そんな関係を作っていくことが

一番大切で

一番栄養補助食品だと思う。

 

 

 

笑う。

 

「しっかり食べた?」

 

もいいけれど

 

「しっかり笑った?」

 

そんな食育もいいんじゃないかな。

 

酒飲んだ方が笑えるなら飲んだ方がいい気もする。

 

なんのための栄養か。

元気になるため。

 

元気になろう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。