自分探しについて。

人の目なんて気にしなくてもいいのだろうけれど、

どうもこう、気にしてしまう。

 

オリンピックに行って、

そのまま調子良ければ気にならないんだろうけど、

良く漕げない時期が長引けば長引くほど、

「オリンピック選手なのに練習できてない」

とか

「オリンピック選手なのにそれでいいの?」

とか

心の声が、想像上で聞こえてくる。


自分の人生は自分のものだし、

自分が主人公でいいのだけれど、

「主演:自分」の映画のはずが

「監督:他人」

のように感じられ、

「カットカットカット〜、オリンピック選手役の中野くんダメだよそんなんじゃあ〜」

と言う声をひたすら想像しながら聞き続ける

そんなもどかしい日々を送っていた。自意識過剰か。


 

先日、メディアの方にお会いする時間があり、

「メディアも悪いんだけど、みんな同じ質問をして、

アスリートに同じように答えさせてしまって、

みんな違うアスリートなはずなのに、

アスリートを一つの同じ型にはめ込めようとしてしまっている」

という話を聞いて、

確かにそうだなと思った。

 

スポーツは一つの自己表現の場であるはずなのに、

特定の誰かになる事に強要される、

そんなのはおかしい。

 


一般的にスポーツ選手は、

明るく元気で爽やかで前向きでなければいけないけれど、

残念ながら中野は

明るくはなく大体疲れていて爽やかではないが、どっちかというと百歩譲って一歩前向きな人間だ。

 

それでもいいやんけ。

 

 

選手の多様性、

こんな生き方もあるという道作り、

道路工事、

そんなものを「主演:自分、監督:自分」の映画の中で

できてたらいい。その道のトップになれればそれでいい。


 

スポーツは自己実現の場。

自己表現の場。

できない役回りばかり気にして、中野紘志を表現することを忘れていた。

山は登ったら降りるものだし、降りたらまた登ればいい。

肩書きは得たら捨てて、新しいものに。

もっと自由に行こう、自由に考えよう。

勝つぞ〜!

 

2016年度、応援有難うございました!

2017年度も、ニュー中野をどうぞ宜しくお願い致します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。