熱を込める。

一昨日に大学の後期試験の合格発表があった。

合格から10年経ったということ。

大学に合格して、卒業して、無職になるとは思わなかったが、

あれから10年経った。


予想通りの未来なんて何一つなかった。

その日その日の、一つ一つが、

今日に繋がっただけ。

 

水泳を始め、辞め、

サッカーを始め、辞め、

テニス、陸上を始め、辞め、

浪人し、入学し、

それがボートのオリンピックに繋がる道だとは

誰も思わないし、思わなかった。

 

でも今は、

それらの一つ、何か一つが欠けていれば、

絶対になかったと断言できる。


予想できた未来なんて何一つなかった。

これからもきっとそうだろう。

 

どれだけ学んでも、

どれだけ本を読んでも、

未来は当たりっこない。

 

だから未来を予想するのはやめて、

計算するのはやめて、

今、

汗流せるところに汗流せばいい。

発汗量日本一、世界一を。

強く歩ける道を、強く歩いていく。

 

 

「そんなことして、どうなるの?」

そうした「そんなこと」達が

未来へ繋がっていく。道になっていく。

今までがそうだったように。

 

 

誰にとっても「一寸先は闇。」

それが明るい言葉であること。

それを信じて、今を、発汗

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。