ボートで町を活性化!!

日本において、学校、企業、そのほかの団体がスポーツに対して期待しているのは

  1. 「教育」のため

  2. 「宣伝」のため

  3. 「社会貢献」のため

という3択の理由で支援、維持して頂いているように思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  1. 教育のため

学校や、宣伝にならない競技を維持する団体にとって、

「良い社会人になるための手段」としてスポーツがある。

人材に対する投資。スポーツを通じて、努力の大切さ、協調することの大切さ、

それらを学んで、「社会に出た時に」貢献してください。そのための投資。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2. 宣伝のため

 

「宣伝」とは箱根駅伝や、野球のように、

視聴率の高さが本業に貢献すると考えられるスポーツに対して、

「広告費」として投資される。「今、目立って」貢献してください。

そのための投資。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3. 社会貢献のため

 

社会貢献は、スポーツを通じて、国際平和や、健康の増進、

地域社会の結びつきの強化といった、「みんなの豊かな生活のために」貢献してください。

そのための投資。

この3つのように思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポーツをすることが認められるためには。

 

このどれかを満たせば、きっとスポーツで生きていける。

「部活を通じて努力の大切さや協調性、忍耐力を学んで、良い社会人になりますからやらせてください」と言えば認めてくれるだろうし、

「宣伝効果が大きく、利益に貢献できるのでやらせてください」と言えば認めてくれるだろう。

問題は3つ目だ。

社会人におけるボート競技のように、「もう大人になってしまった」&「現状、宣伝効果が乏しい」競技において、

3つ目の「社会貢献」に全力を注ぐことしか、そのスポーツで生きていけないんじゃないか。

だからこそ、もっともっと地域に密着したスポーツでなければならないと思うし、

ほとんどすべての全国大会が戸田市で行われ、

道路のマンホールでさえ「ボート」なのに

 

そこに住む戸田市民でさえボートを知らない状況はなんとかしなきゃならない。

(戸田公園駅前、駅ナカのボートのモニュメント)

 

もっともっとわかりやすい言葉で、そのスポーツで得た知識、体験を換言して、より多くの人にとっての

日常生活がより豊かに、円満になるようにしなければならない。

ボート部を所有する企業の多くが「社内レガッタ(ボートレース)」を開催するのは、

「社員間の結びつきの強化」が目的であって、その延長としてボート部の活動がある。

みんながボート部を応援し、仕事以外の共通の話題で、円滑な社内環境を作るため、といったら、考え過ぎだろうか。

「ボートって楽しい。」

「ボートで生活が豊かになる。」

そうしたメッセージの発信源として、社会人選手が活動していけば、

もっともっと肩身狭くならずに活動できるんじゃないかと思う。

全日本で勝っても宣伝にならない以上、今できることは、

五輪で勝つこと、体験、経験をわかりやすい言葉で言い換えることだと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。