でかい未来を想像できる大人に。




目の前にオリンピックが無くなって、

 

「ああ、あの時目標に向かってすごい頑張っていたんだな」

 

と思えるようになった。

 

image

 

「目標に向かって頑張る」というのは

 

頑張っている時はそれ自体普通で

 

自分が「今」頑張ってると思うことは無い。

 

 

こうやって

一息ついたとき、振り返った時、

卒業したとか、一区切りした時に

 

「ああ、あの時は頑張っていたんだな」

 

と気づく。

 

(選手村にて)

image

image

image

 

「頑張ってる人は、自分が頑張っているなんて思っていない」と言うように

 

もし自分に「今」頑張っているという気持ちがあるのなら、

 

それは「ヤラセ」というか「我慢している」と同義なのだと思う。

 

我慢は悪ではないけれど。

 

 

 

純粋な目標は

頑張らなくても頑張らせてくれる素晴らしいもの。

 

頑張っている感覚がないから人は

もっともっと頑張れる。

 

適切な目標は

「頑張る」を無くす。

 

いかに頑張るか、そのために

いかに頑張ってる感覚を無くすか。

 

 

 

もう一回、あの場所でチャレンジできるように、

また違うやり方で、気持ちで、価値観で、

臨めたらいい。自働的に世界一頑張れるように、目標を決めよう。

 

 

4年後の大きな自分へ。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。