登山(通称イスと呼ばれる山を登る)

最近仲良くしてくれるMarko君(20歳)が、

「一緒にここから見える一番高い山に登ろうぜ」

とのことで、本日午後の自主練時に、人生初めての登山に行ってきました。

標高2700mぐらいで、

だいたい四時間ぐらい、ランニングシューズでも大丈夫だということで、

その言葉を信じて行ってきたのですが、

とんでもない過酷なトレーニングになりました。

(↓雲がかかってる山です)

登りに2時間、下りに80分ぐらい。

登りはずっとハアハア言ってるし、

下りは急で滑りまくりだし、

感想としては「月に一回でいい。」

 

出発が遅れ、夕方6時前に登山スタート。

途中まで車。(本日夏至で、一番日が長いとのこと)

すぐ道が狭くなり、このような感じに。

急斜面の森の中を一時間ほど歩くと、

すでにやばい感じになってきます。

完全に岩山。

 

雪も残ってました。

斜面という斜面を登り続け、やっと登頂。

奥の湖が活動場所のブレド湖。

山の反対側はオーストリア。

(オーストリア側からは断崖絶壁で登ることは不可能です。そこからイスと通称されてるとのこと)

 

一服するMarkoくん。

登りは太ももの裏側がパンパンになり、

下りは太ももの前側がパンパンになり、

明日は立ち上がれないんじゃないかと思っています。

 

でも絶景でした。

感動で人は体力が回復するんだなというのをすごく体感しました。

感動し続ければ底なしの体力が手に入るのだろうか。

疲れが取れない時は感動してないから、なのか?

 

トリグラウという山がスロベニアで一番高い山らしいけれども、

初心者には十分お腹いっぱいのコースでした。

Marko君もお疲れのようで、自分だけじゃなく一安心したものの、

これを全部ランニングで登りきれたら強靭な持久力だろうなと

思ってしまった中野でした。

 

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です