試練は自分で。

人生、プラスマイナス0か、1だと勝手に思っている。多分1。

良いことがあれば、つらいこと、きついことがあるし、

何かつらいことがあれば、良いことがある。

 

そんな中、ボートというスポーツは素晴らしい。

水上でひたすらきつい練習をしていれば、

プラスマイナス1という観点から行くと、

陸上では良いことしか起こらないという計算になる。

 

天からきつい、辛いといった出来事をもらうより、

自分で自分に試練を与えた方が楽しい。

それがボートだけじゃなく、スポーツの醍醐味のように思う。

 

世界一速い人は、世界一きつい練習をしたんだ、きっと。

そうじゃなくても、そう思った方が心が楽だ。

リオ五輪の時、表彰式を終えたばっかりのボート選手の顔が本当によかった。

あんな表情、本当に深い人生送らないと無理だろうなと思った。

 

大きな木の根っこがすごく深く太いように、

私ももっと深みの中を突っ走らねばなりません。

大きくなるために。

あんな表情したいわ。

 

 

つらい、きつい、しんどい、それを自主的に自分に与えられれば、

プラスマイナスゼロなんだから

いつか降ってくる幸せとやらを待ってるだけで良いでしょう。

 

ボートが速くなって嬉しくなれば、

もっともっと自分を追い込めば良い。

試練は自分で。

それがずっとポジティブにいられる術なんじゃないかと、

多くの笑顔あふれる観光地bledを、

疲労感、悲壮感、「why are you looking so sad?」(←現実に言われた)

漂う顔をしている中野が今日も通ります。(心は非常に前向きです)

 

↓今日撮った、中々好きな写真。青いベンチ。

どちらがあなたの好みでしょうか?

 

以上です!明日も頑張りましょう!!

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です