会うべき人には会っている


子供の時から憧れていた「オリンピック選手」ということになっても、

電車に乗って、自分がオリンピック選手だなんて気づく人なんていない。

 

オリンピックに行きたい、成功したいと

オリンピックに出れる選手ってのは、成功する人ってのは

どういう人なんだろうと

ずっとずっと本を読んだり探していたんだけど

 

たぶん過去に乗った電車、住んだ街にいたんだろうなって思う。気づかなかっただけで。

 

 

ほとんど全ての人にとって

ほとんどのオリンピック選手がわからないように、

 

どこかの会社の社長だったり

どこかのすごい人だったり

自分の運命の人だったり

同じ電車に乗ってても、同じ街に住んでても気づかないんだろうなって思う。

 

良い人が見つからない、じゃなくて

スポンサーが見つからない、じゃなくて

 

たぶん気づけないだけなんだろうなって思う。

 

 

 

気づけないから、

気づけないことが普通だから、

 

目の前の人を大切にして

目の前の事に集中して

いつの間にか出た結果を通じて

「あれが大事だったのか」

 

と気づくのかもしれない。

 

 

目の前の信号待ちの人にも

壮大な過去、壮大な未来があるんだろう。

気づけないけれど。

 

 

「人事尽くして天命を待つ」というのは

 

目の前のこと

目の前の人を大切にしていれば

いつか出会える、いつか報われる

 

そんな意味なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です