ドーピングについて

ドーピングしようと思ってドーピングした日本人選手を私は知らない。

やろうと思ってやる人を日本で見たことがない。

ドーピングは、薬物によって一時的に記録や能力を向上させるもので、

その行為はズルいし、そもそも健康的に危ないし、見てる側が応援したくなくなるから、絶対にやってはいけない。

でも、なくならないもの事実だ。

故意にドーピングした人は違反になって当然だが、

「うっかりドーピング」、そんなつもりないのにドーピングしてしまう人が減らないのも事実だ。

[s_ad]

うっかりドーピングとは、

「これがドーピングになるとは知らなかった」というもので、

風邪薬とか漢方とか、サプリメントが有名。

今年「浅田飴」がドーピングになるという発表もあった。

 

私自身何度もドーピング検査を受けたことがあるし、

ドーピングしたことも、うっかりしたことも一度もない。

薬を使うときは絶対にチェックするし、漢方も使わない。

 

だがそれでも怖い。

 

その理由は、私は塗らないけれど、日焼け止めにドーピングの禁止物質が入っててドーピング違反になってしまった例とか、育毛剤でアウトとか

ドーピングは経口や注射だけでなく、皮膚からもやってくるからだ。

もし誰かが、いつも使ってるシャンプーの中にそういう物質を入れて、

「なんか今日の頭皮違うなー」とか思っても、皮膚を浸透してしまえば

後の始末かもしれない。悪意があるとされれば数年出場停止、

悪意がなくても「選手が自己管理できていなかった」という理由で数ヶ月出場禁止になることもある。

オリンピックは特に、人生かかってる選手が密集するから、

配られる飲料がちゃんと未開封か、(開封済みだと何か入ってる)

開封後も飲みきるまで手放すな(トイレに行く時も持っていけ)

など、口にするものが完全に安全かということを毎回、毎時確認しなければならない。

うっかりドーピングをしてしまった選手は被害者のように感じられるけれど、

現実は「自己管理ができていない」という能力不足、

アスリートとしての自覚不足ということで罰せられてしまうから、

決して完全に被害者とは言えないのも事実だ。

 

お医者さんが「これはドーピングじゃないから大丈夫な薬」と言って処方された薬がドーピングに引っかかる薬で、違反になったという例もあり、(ドーピングの薬物は毎年更新され毎年変更されるため、そして膨大なためチェックが限りなく難しい)

それでも選手の自己責任ということで罰せられる。

 

「クリーンでいる」ためには、

「クリーン」でい続ける努力が必要です。

「クリーン」で出場することは当たり前なのに、

注意すべきことがたくさんあります。

 

今日スーパーで買ったキャベツが、手に取る前に誰かがドーピング物質を塗りたぐってて見事自分が引き当ててしまっても、「自己責任」になるんだろう。

 

 

大会直前、多くの選手は競技のことで頭がいっぱいになっていると思うので、

ぜひ周りの方々が、選手がうっかりしないように注視していただけると幸いです。

[s_ad] [s_ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です