湯冷めしにくくする方法

冬ですね。

 



中野のように、「お風呂の光熱費はもったいないが、シャワーだけだと湯冷めしちゃうよ!」

という悩みをお持ちの方。

 

中野式解消方法が、一つあります。

すでに有名な方法なのかもしれませんが、

 

 

「足首を温める」

 

です。

 

これをすると、湯冷めしにくくなります。

普通にシャワーを浴びると、温かいですが、

足に垂れてくる頃には冷えてるので、足までは温まりません。

血は循環するので、いくら上半身を温めても

下半身で冷えて温まらないじゃないか疑惑です。

 

ですので、一番体温の低そうな足首を直接狙って、すこし熱めのお湯で

シャワーをかけます

足湯のシャワーバージョンです。

40度ぐらいの普段の温度から、どんどん上げていって、

ちょっと熱いなと感じる温度まで上げて慣れてきたら、

そこで浴室から出てみてください。

「寒い!!」と思うまでの時間が

ちょっと長くなります。

 

(※万が一体にとって危険な行為だと困るので、何か持病をお持ちの方は念のためかかりつけのお医者さんにご相談ください)

 

以上、湯冷め対策でした。



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。