セルフトーク、セルフコーチング

自分の限界を決めるのは自分なんだろうなと思う。

 



 

非常にきつい練習をしていて生死をさまよいそうな時、

「もう無理だ」とか「いや、まだいける」とか、たくさんの言葉が自分自身に対して発せられる。

人から、コーチから、本から、たくさんの言葉が自分の周りを行き交うけれど、

一番影響力あるのは、自分の「自分自身に対する言葉」なんだろうな、と思う。

スランプになった時、うまく伸びないとき、

どうしようもない冬の季節、

「本当にそうか?」という言葉が一つのきっかけになることを知った。

 

「本当にそうか?」

きつい、辞めたい、できない、眠たい、くそっ、うるさい、ムカつく、

様々な感情を表す言葉が、自分に対して発せられた時、

「本当にそうか?」

と呟いて見る。本当の自分、いつも自分に言われる側だった自分が、

登場しやすくなる言葉。

実際はそんなきつくなかったり、ムカついてなかったり、する。そんなことがわかる言葉。

「本当にそうか?本当に自分はそう思っているのか?」

進化するには、変化するには、

常識、固定概念、今まで培ってきた方法論、

それらを洗いざらいして見直さなきゃいけない。

自分自身に対する言葉、それを変えなければいけない。

「本当にそうか?」

いい言葉。何か自分が自分に言いかけた時、試してみてください。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。