命の燃やし方

私の大好きなアーティストである、ゆずの歌にもあるように、

「どうせゴミなら燃えるゴミでいたい。」

燃えないゴミより燃えるゴミ。

 

ーーーーーーーー

 

「オリンピックに出る」

 

という長年の夢が叶い、

「夢が叶う」というそんなに多くはない経験をすることができ、

次に困ったことは

「目標のない人生の虚しさ」でした。

 

意味もなく起き、

意味もなく飯を食べ、

「東京五輪で金メダル」を獲りたいという気持ちの根っこが

見つからないまま、長い長い7ヶ月を過ごしてきました。

 

オリンピックに出るという経験はとても素晴らしい経験で、

できるならたくさんの人に経験してもらいたいし、

そうした方が、ボート界にとってもいいんじゃないかと思っている。

だから、2回目出るなら「メダルを獲れる自信がある」こと。

それが、私なりの条件でした。

 

その自信を、どこから見つけるか、得ていくか。

世界一になるには、世界一金メダル欲しい人間にならねばならないのです。

「なぜ欲しいのか?」

Why Gold medal?

 

 

 

その答えが、やっと見つかった気がします。

長かったー

 

 

 

結婚式に列席いただいた、親戚の方が先日亡くなり、

命の尊さを強く教えて頂きました。

オリンピック選手になって、

周りからどう見られる、とか、どう思われてる、とか

そういうのばっかり考えてしまう日々でしたが、

「今死んでも納得がいく」

そんな方向性のもとで生きていければ、何でもいいや。と今は思います。

 

成功する人生より、

納得のいく人生。

納得のための成功。

 

東京五輪での金と、

TOEFL110点?を目指して、

文武両道アスリート第一人者になれるように、バカなりの天才目指して頑張ります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。