「本番」で実力を発揮する方法(心構え編)

「本番」とか「レース」とかって緊張しませんか?
しますよね?

 

私はします。笑

 
ここでは、

 

「本番の緊張を乗り越え、全力を出す」ための
心構えを紹介します。

 
(流れ)

①体験談

②緊張する理由

③対処法1

④対処法2

⑤まとめ

の順でお話しします!!

ーーーーーー

①<体験談>

 

私はリオ五輪に出るために会社を退職し、

 
「無職・無所属・無収入」

 

トリプルスリー状態でリオ五輪国内代表選考レースに出ました。

 
結果勝つことができ、無事代表になることができましたが、

 
やはり緊張しました。

 

負けたらただの無職ですからね。

 

でも、乗り越えることができた。
その理由を紹介しようと思います。

 
————

②<緊張する理由>
まず人はなぜ緊張するのでしょうか?

 

緊張する最大の理由は

 

「『失敗したら失うものが大きい』と感じるから」

 

です。これだけ。

 

試合でいうと「負けたらやばい」の一言に尽きます。

 

つまり、
「負けたらやばい」人ほど緊張する
のです。

 

では、「負けたらやばい」となぜ思うのでしょうか。
それは、「自分的にやばいから」「周り的にやばいから」です。

 

 

前者は
今まで自分が頑張ったから、負けたらやばい。

 
自分の場合、負けたら今までの練習が無かったことになりそうだし、会社辞めた意味なくね?ってなり緊張が発生。

 

後者は
自分が人気者だから(周りに応援してくれる&批判してくれる人が多い)負けたらやばい。
負けたらみんながガッカリする!

 

負けたらみんなに批判される!みたいな感じです。

 

だから、
頑張った量(積み重ねた量)が多く


周りからの注文度も高い人は


とても緊張します

 


③<緊張への対処法>
もうすでにお気づきの方もいるかもしれませんが、

 

緊張するってのはとても素晴らしいことなんです。

 

緊張は、自分が努力した(積み重ねたものがある)証拠であり
緊張は、自分が人気者(自称)であることの証拠です。

がんばることのできた時期というのは人生の宝物であり、
人から関心を持たれることほど幸せなことはありません。

 

 

だから、もっと緊張した方がいいんです。

 

 

ーーーーーー
④<対処法〜おまけ>

 

もう一つ簡単な対処法があります。

 

自分が失敗しても、成功しても、大して変わらない。
と思うことです。

 
オリンピックに出ようが出まいが

 

総理大臣になろうがなるまいが、

 
飛行機からは誰も見えません。

 

宇宙にいけば、もっと誰も見えません。

 

地球がもう一個あるかもしれない。

 

宇宙人からすればマジでどーでもいいことに対して私たちは一喜一憂してるわけです。

 

今感じてることも、全部夢で、全部嘘かもしれない。

 

大きなことはないんです。

 

全部全部小さな小さなことです。

 

でも、今自分がやりたいことがある。


楽しいことがある。

 

それをしたくて、いま生きている。

 

そこに不安はいらないし、ありません。

 

⑤<まとめ>

 

いかがだったでしょうか?

 

緊張は、したらしたでありがたい

 
しなかったらしなかったで、大きい心を持ってるって話。

 

緊張しようがしまいがどうでもいいのです。
今を楽しむ!!

 
それが一番大事です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です