「できない」貯金

大学からボートを始めて、

丸9年経った。

 

9年漕いで、

「こんな漕ぎ方あったんだな」

 

っていう衝撃を、昨日、ボート人生最大級に受けた。

 

 

「漕ぐ」。

 

ブレードを水に入れて、出すまでの

 

1秒弱の世界。

 

 

その1秒もない世界の充実のために毎日、

 

 

漕いでいる。

 

9年漕いで気づく、

 

1秒の新世界。

 

 

一万回だめでも

一万回一回目は、って歌があるけれど

 

ボートに限っていえば、何億回も漕いでいるだろう。

 

だからこその感動。

 

一本漕いで、上手くなれば、「天才」と言われ

1億本漕いで、上手くなれば、「感動」になる。

 

どっちでもいいじゃないか。

 

 

1万日以上生きて、

まだ知らない世界がある。

 

 

9年気づけなかったからこその感動。

 

生きれば生きるほど、

 

初めて気づく感動が大きくなるんだと思う。

 

歳をとればとるほど

感動は増えていく。

 

 

「できない」は「感動の種」

 

咲かせるか咲かせないかは、その人の趣味だけど、

 

自分はボートでもうちょっと感動したい。

 

だから、もうちょっと「できない」を積み重ねたい。

 

いつできるか教えてくれればすごい助かるのだけど。笑

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。