飛び込む勇気と、環境の力。

環境の力。自分の力。

ブレドのクラブチームに入り、一週間以上過ぎた。

朝8時半から練習、夕方5時から練習。(8時過ぎまで明るい)

基本的に休みはなく、いつも誰かいる。

朝練習がメインで、午後練習は軽め、

小学生や中学生など、学校がある選手は午後だけの練習。

それが普通。ここの普通。

だから今のところ、日によってきつい練習、きつくない練習があるにしろ、

毎日そういう軸の中で生活している。

規則正しい毎日というのは、会社を辞めて一人で活動するようになって以来、無かった。

日本で一人でやっていた頃は、練習も多くて週10回、

それがこうして増えたのは、

全くもってチームのおかげ、環境のおかげだ。


大学で初めてボート部に入って、

朝5時起きが当たり前になり、

朝練がない日も5時に起きるようになった。

朝が強いわけじゃない。基本的にはずっと寝ていたい人間だ。

だけど、ボート部の活動としてそれが普通だから、そうなった。

それが普通になった。

一人になってからも週10回練習できたのも、

大学で週10回、11回普通に練習してたからといった、

環境の記憶がそうさせたのかもしれない。

考えれば考えるほど、自分を作ったのは環境であって、

自分の努力と言えるものは、

そうした厳しい環境を選んだことと、

そこに慣れるまで、普通に感じるまで粘ったことだったのかもしれない。


環境というのは、恐ろしく人を変えていく。

悪い環境に入れば、悪い意味でそれが普通になっていく。

良い環境になれば、良い意味でそれが普通になっていく。

週30回ぐらい練習するチームだったら、

それが普通になっていくんだろう。

努力というのはその世界に飛び込む一歩目のこと、

そしてその世界に慣れるまでの期間をいうのかもしれない。

自分の力、環境の力。

自分の努力でゼロから全て解決できると思うのは、

ある意味傲慢なのかもしれない。

世界一の漕ぎをみて、

世界一の選手に囲まれて、

それを見て何も感じなくなったら、普通に思えれば

自分が成長したことになるんだろう。

すごい人たちに囲まれて思う、無力感やちっぽけ感、

それが目標までの距離であり、環境に恵まれた証拠、一歩を踏み出した証拠。

自分が成りたいような人間が、普通にいるような環境に飛び込むこと、

そしてその厳しい環境に慣れるまで、何も感じなくなるまで耐えること。

踏み出す勇気と、忍耐力。

それできっと自分は変われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です