フェザーターンの仕方。

ローイングにおいて、当たり前のようにフェザーターン、オールを返す動作をします。

スイープだったら、「インハンドで返そう」、ということは大学時代習いましたが、

右手にしろ、左手にしろ、「どうやって返すか」ということについて教えてもらった記憶はなく、

それは社会人でもJAPANでももちろん、私も誰もそんな発想はありませんでした。

 

知っていて当然だから、言われなかったのかもしれないし、

そんなに重要でないから、言われなかったのかもしれない、

現に自分はそこまで重要だと思わなかったので、

13年中の12年ぐらいは何も考えずただただオールを返していました。

 

「ボートを速くする」上でいろんな要素がある中で、

諸外国と比べて確かにエルゴはずいぶん負けているけど、

ただ、どう頑張っても、技術の面でさえも上手に漕げているようには

感じませんでした。

 

何が違うのか、訳もわからず、縁を頂いたスロベニアに行き、

短期間ではありましたが、ローイングの考え方を知り、

その考え方を突き詰めていくと必ずフェザーターンを変更する必要がありました。

 

基本的に人見知りなので、スロベニアに行って、

めちゃくちゃ熱心に質問したかといえば、そういうわけではないのですが、

以下、感じてる日本と海外の違いです。勝手にスロベニア=海外としていますが、

基本的なものはあまり変わらないと仮定して、書いています。

 

水中の全体の強さを求める外国、

前から強くを求める日本。

 

繋がることを意識する外国、

強く押すことを意識する日本。

 

(今日の話)

押しながらフェザーターンする外国、

引きながらフェザーターンをする日本。

 

 

フェザーターンについて。

雑な絵になりますが、

違いについて、書いてみました。

 

引きながら返すフェザーターンでは、

水を押している時間が減ります。結果、加速仕切れません。

そして、

引きながら返すと、その力は水に伝わらないので、(オールが水に垂直じゃないので)

その分空回りの出力となって、船と離れることになります。

船と離れると、追加で頑張ってフォワードしなければならないので、

休めず、疲れやすくなります。

さらに頑張ったフォワードは必ずエントリータイミングがずれるので、

大きく踏み込み、船を止めてエントリーしてしまいます。

フェザーターンひとつ間違えるだけで、

加速の時間が減るだけでなく、

休憩の時間も減る、船も止めるという三重苦を迎えることになります。

 

UTの時は、船とどれだけ離れていても、ゆっくり戻ればいいので

どうフェザーターンをしようが疲れ具合は感じにくいですが、

ハイレートになればなるほど、戻ることが難しくなり、

ハイレートでは全く別の漕ぎをすることになります。

それが私でした。

 

同じ艇速でも、

水中の時間が長くなればなるほど、

体にかかる負荷は軽くなります。自転車のギアが大きいほど軽いように、

長く押せば押すほど、押す力の最大は小さくてすみます。

逆に短い時間で同じスピードを出そうとすると、

かなり大きな力を出さねばなりません。

怪我をしやすくなるかもしれません。

また、前述したように空回りが減れば減るほど、

より休めるようになり、持久力が上がります。

何より、ボートが好きになります。

漕いだ分だけ進めば、ボートを好きになります。

逆に漕いでも重いだけ、練習はあと2時間ある、

そんな状態で好きになれと言っても難しいでしょう。

 

正しい方向性を持って、練習をすれば必ず上達するのがボート競技です。

私の言う方向性が、1人でも楽しい冬のローイングに貢献できれば幸いです。

 

(リリースのフェザーターンのみの話をしましたが、エントリーのフェザーターンについては、

日本での通説とは逆に、できるだけ遅い方が良いように思います。

勝つクルーほど、どこのチームかブレードでは中々確認させてくれません。

逆に、どこのチームかわかりやすいブレード捌きのチームは、あまり速くないことが多いです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です