個々人の栄養学

お世話になっている方の紹介で、

「腸の検査」を受けたところ、

「腸漏れ、リーキーガットの疑いが強い」との診断を頂きました。

理解が間違ってなければ、

腸もれというのは、腸内が荒れまくっていて無数の隙間ができているために、

腸で完全に消化される前に食べたものが血管に流入するようになり、

摂取した栄養がうまく吸収されないどころか、

食物の持つ毒素なども消化されてないので、

健康的にかなり問題を起こす原因となる症状です。


腸が荒れまくっている原因は

いわゆる善玉菌が少なく、

悪玉菌が横行していることで、

それらの原因は、

腸によくない食べ物をよく食べたり(加工品、ジャンクフードなど)

また腸が元々消化できない、しにくいもの、

その人にとってのアレルギーの食品を大量に取る生活をするとそうなるとのことです。

自分はそれほど加工品、ジャンクフードなどの食べ物は食べていないので、

後者が考えられ、後者の食品アレルギー検査の結果、相当数が

自分の腸にとって食べない方が良い食品でした。

いわゆる健康食品ですらも。


確かに、便が出ない日もあるし、下痢は当たり前、オナラは臭いもの、

これだけ練習してたらそうなるんじゃないん?と思っていたので、

基本健康だと思っていたのですが、頂いた改善方法を試したところ、

マジで便は出るし、下痢とか便秘とかないし、体調的にかなり良くなったように思います。

 

『調子がいい時を知らない人間』は、『自分が不調であることもわからない』んだなと、

最近気づきました。

 

特に私の場合は、基本乳製品や小麦、米などに遅延性アレルギー反応があり、

それらを全てやめた結果、かなり変わりました。オナラも割とかげるフレーバーに笑

「米とかパンとか食わな痩せるやろ!!」と思っておりましたが、

多分元々吸収されてなかったので、痩せることもそんなにありませんでした。

筋肉がつくだろうとホエイプロテインを飲んでいたのですが、

多分元々吸収されてなかったのでしょう。

ただオナラを臭くし便秘にさせる腸ショックというやつ。

小学生の時はウンコマンと呼ばれることに恐怖を覚えておりましたが、

今はもうウンコマンとは賞賛であると感じています。


イチロー選手が同じものを食べるということで有名になりましたが、

今はその理由が少しはわかった気がします。

30歳という、「なんとかなるっしょ!!」と言っても大丈夫な年齢ではなくなったので、

そういった食事の面からも日々のトレーニングに向き合っていきたいと思っています。

好きなものを食べないより、

ベストが出ない方が苦痛だ。

人は食べたものでできている、のではなく、

人は食べて吸収されたものでできている。

 

吸収されたかどうか、その判断はなかなか難しいですが、

体調、便、気分、いろいろなものを判断材料にしながら、

食事を考えていこうと思います。

まだまだ世界と戦える状態ではないですが、

一日一日コツコツと。

頑張ります。

応援宜しくお願いします!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です