追いかけるプロ

久しぶりに漕いだ。

漕いだといっても、エルゴという陸上のローイングマシン。

目的地に到達する二通りのやり方があると思っている。

 

「追いかける」か「逃げる」か。

 

「追いかける」というのは、「こうなりたい自分に向かって進む」といった前向きな行動。

「逃げる」というのは、「なりたくない自分にならないために進む」といった、ちょっと後ろ向きな行動。

 

希望とか、夢とか、わくわくとか、そういう気持ちが原動力、エネルギーになる「追いかける」と

恐怖とか、心配とか、嫌悪とか、そういう気持ちがエネルギーになるのが、「逃げる」だと思う。

 

 

人によって、どういう配分が一番エネルギーを出せるか、違っているのだろう。

負けたくないから、勝つのか。

勝つ喜びのために、勝つのか。

怒られたくないから、漕ぐのか。

自分のために、漕ぐのか。

 

だいたい自分は負けたくないから、っていう消極的な理由?からのスタートが多い。

ああ、俺って惨めだな、とか、場違いだな、とか、これからお先真っ暗になるんじゃね?っていう恐怖が

自分をつき動かせてくれることが多い。

こういった人間の最大の問題点は、一つの恐怖から逃げ切った後に、何も誰も追いかけてこないから、

動けない、ということにある。

誰かが、何かが、自分を追い込んでくるから、動けるのであって、

誰も何も無くなった時に、行き先を見失う。

 

夏休みの宿題を締め切りギリギリまでやらないのがきっと、そういう人たち。

スパルタの先生がいなくなって、何もしなくなるのが、そういう人たち。

 

 

一つの夢が叶って、

ただの無職か、オリンピックに出る無職かというハザマの中で、逃げて、

ちょっとひと段落したのだと思う。

 

次は、逃げるプロではなく、追いかけるプロになろうとしている。

また誰か、追いかけてくるかもしれないし、

また何か、引きずり込もうとしてくるかもしれないけれど、

 

追いかけようと思う。

 

世界一って響きに、ちょっと共鳴し始めた。

 

シカゴのカブスが

「108年ぶりにワールドシリーズに優勝した」のだから、

中野くんにもできるはずとお言葉を頂き、

確かにそうかもしれないと思う単純な中野紘志。

 

史上初という言葉が、年に何回聞くんだってぐらい耳にするんだから、

その一つになれないことはない。

 

今日のエルゴトレーニングはボート始めて、2年目ぐらいのスコアだったけど、

まあ、一つずつ頑張っていこう。

 

追いかけるプロに。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。