The next will be better!

レースが終わって次の日の今日。

練習スケジュールとしては休みになってたが、20km漕いだ。

トップとの差20秒を詰めなければならない。

一周4kmのコースを5周、

ターン込みで1時間29分ぐらいをノンストップで漕ぐという

自分でも結構気合入れないとできない練習。


ボートは他の有酸素運動と比べても心拍数が上がりやすいスポーツ。

ランニングで最大心拍数の9割ぐらいを一時間以上って結構やばいメニューだけど、

ボートではそれができちゃうのが不思議。

 

「我慢」とか「忍耐」とか、

今では美徳じゃなくなっているような概念を、究極の美とするような競技。

(ブレドのマーク)

 

昨日3位になって、

個人としてヨーロッパでメダルを獲ったのはおそらく3回目・5年ぶりで、

嬉しかったけれど、

だからと言って目の前の練習がなくなるわけじゃなく、

むしろ目の前の練習、一漕ぎ一漕ぎに集中しないことには

前に進めない、勝つことはできないから。

「山は登ったら下りるもの。」

いい景色を見て感動したら、そそくさと帰る。

次の山を登るために。


というわけで、午後は山を登り下りしたくなり、

ランニングがてら、ブレドの絶景スポット(山)と呼ばれるところ第二弾に行ってきました!!

今回は教会を前回の反対側から見れる山で、

前情報では、「登るのは大変だけど、それ以上に美しいから絶対行くべき」

とのこと。大変=大変じゃないと思う中野は早速調べて出発。

目的地は Ojstrica という場所。(Jはイと読むので、オイストリカ?)

 

艇庫から直線距離で1kmぐらいだから、灯台下暗し、余裕だなと思いながらいざ出発。

すぐ不安な山道になりました。

(ほんとにここか?)

 

そして、恐ろしく急激な坂になります。

写真では伝わりにくい傾斜感ですが、

登るの大変どころかここ誰も登れんやろ。

って坂です。ちなみに往復一時間かかりました。

 

汗だくになりながら、傾斜がありすぎて一歩が本当に一歩しか進まない時間を

しばらく過ごし、

道を半分以上間違っていたことに気づき、

7割ぐらい登らなくていい山道を登っていたことに気づき、

引き返してついた場所 Ojstrica からの景色がこちらになります。

すごく絶景でした。写真の3倍は綺麗。

美しいものを見ると、心が豊かになった気がするのは気のせいでしょうか。

 

登るのが非常に大変ですが

無料で非常に絶景、 Ojstrica 。

運動がてらブレドにお越しの際はぜひ。

 

山に登ったら下りるもの。

明日からまた練習が始まります。

またメダルを獲得できるように、

もっともっと速くなれるように、

勝てるように、

次なる山の登頂目指してまた頑張ります!!

 

今後ともどうぞ応援よろしくお願い致します!!

 

 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です