勝つんだひろし

選手は人のせいにしてはいけない。

どんな環境下でも、

その中で全力を尽くす、最善を尽くす。

「その中で」いかに勝つか、

現状打開能力の向上こそが選手の能力だと思う。


一方、コーチや経営する側もそうかというときっと違う。

「どんな選手でも勝つには、どうしたらいいか。」

「どんな社員が入っても利益を上げるにはどうしたらいいか」、

いかに良い仕組みづくり、環境づくりができるかがその能力だと思う。


選手は「その中で」向上し、

スタッフは「その中を」向上させていく。

その両輪がうまく稼働したとき、組織は成功へ向かっていくんだと思う。


だがもし、一人経営だったときどうしたらいいんだろうかと思う。

「その中で」生きていきながら、

「その中を」変えていく。

自分のせいにしながら、

自分以外の部分を変えていく。

 

そうした矛盾を突き進んでいくことが、

何か一人で物事を行う時、

必要となってくる能力なんじゃないかと思う。

すごいアバウトだけど。


人のせいにしないことは美徳だけど、

結局、勝てばいいのだから、

誰のせいでもいいんじゃないか。

美徳も美しいけれど、

勝つこと自体も美しい。

 

美徳の中で生きていくのではなく、

勝つ美しさの中で生きていこうと思った。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。